大人の社会科

Twitterもやっています。https://twitter.com/OtonanoShakaika

「MONOPOLY - 世界は誰のもの?」のまとめ②

前回の続きで動画「MONOPOLY - 世界は誰のもの?」をまとめていく。

現在起きている様々な問題の根っこを理解しないと、物事の根本的な解決はできない。まずは認識することから始めることが大切であると考える。

rumble.com

③【バンガードとブラックロック

 この2企業は主要企業の最大の機関投資家であるだけでなく、他の機関投資家をも支配している。ブルームバーグのレポートによると、2028年までに両社が合わせて約20兆ドルの投資を管理し、その過程で地球上のほとんどすべてを所有することになると予想している。ブルームバーグブラックロックを「政府の第4の武器」と呼ぶが、その理由はブラックロックFRBを密接な関係をもつ唯一の非政府組織であるからである。ブラックロックFRB(米国の中央銀行)に資金を貸すだけでなく、コンピュータシステムの主要アドバイザーであり、開発者でもある。ブラックロックの従業員の何十人もがブッシュ、オバマ、バイデン政権のホワイトハウスで上級職に就いている。ブラックロックのCEOであるラリー・フィンク氏は多くの国家元首や政治家に歓迎されている。

 だが、ブラックロックが全てを支配しているかというとそうではなく、ブラックロック社自体が株主によって所有されており、その株主が誰であるかを見るとバンガードであることが分かる。しかし、バンガードの株主を調べようとしても、独自の構造をもっているため、株主や顧客が誰なのかが分からない。

 つまり、バンガード社を所有するエリートたちは自分たちが地球上で最も強力な企業のオーナーであることを誰にも知られたくないのである。オックスファムブルームバーグのレポートによると、世界人口の1%が残りの99%よりも多くのお金をまとめて所有していることが分かった。その中でも0.001%の人々が富を所有している。

 世界でもっとも有名な経済誌「フォーブス」によると、2020年3月までに約2075人のビリオネアが誕生するといわれている。これらのビリオネアの2/3は相続によって財産を手に入れている。つまり、バンガードとはこれら超富裕層の所有物であることが分かる。この超富裕層の歴史を調べてみると一族は常にピラミッドの頂点に属しており、中には産業革命以前から存在していたものもある。

 超富裕層の一例を挙げると、ロスチャイルド家、デュポン家、ロックフェラー家、ブッシュ家、モルガン家などである。

(彼らがいわゆる国際金融資本、ディープステートと呼ばれる人々である。陰謀論」とは彼らの存在に言及する言説を全て「トンデモ」とすることで、これらに言及する人々をまともに大学や言論界で活躍させなくするための思考操作の一つである。)

 これらの一族の多くが王家の血統に属しており、彼らが銀行システムや国連、世界のあらゆる産業の創始者である。

 

④【超富裕層による非営利組織】

 彼らの全体像をより明確にするために、非営利組織について説明する必要がある。

 非営利組織は経済界と政治やメディアを繋ぐリンクの役割を担い、大きな利益相反を可能にしている。しかし、この非営利組織はあまり目立たない存在となっている。

 非営利団体寄付金に頼っており、財団ともよばれているが、誰からその寄付金を受け取ったかを公表する必要はない。そのお金を好きなように運用し、その利益を他のプロジェクトに再投資する限り、税金を払う必要もない。オーストラリア政府の報告書によると、非営利組織はテログループの資金調達や大金のロンダリングに理想的であることが書かれている。

 1%のヒエラルキーの中で最も上位に位置する一族の財団や基金はできるだけ裏に隠れているが、世界的な事件の裏には非営利団体の存在がある。簡潔に説明するために世界のあらゆる産業を結びつける世界で最も重要な3つの財団を紹介する。

 ビルゲイツのビル&メリンダ・ゲイツ財団

 ②ジョージ・ソロスのオープン・ソサイエティ財団

 ③クリントン財団

 これらの団体の規模を知るために一例を紹介する。世界経済フォーラムのホームページによると、トランプ大統領が2020年に米国によるWHOへの資金提供を停止した後、ゲイツ財団はWHOの最大の資金提供者となっている。つまり、ゲイツ財団は私たちの健康にかかわる全ての分野において、世界で最も影響力のある組織の1つとなっている。ゲイツ財団は、ファイザーアストラゼネカ、J&J、バイオテック、バイエルなど、世界最大の製薬会社16社と緊密なパートナーシップを結んでいる。ビル・ゲイツは貧しいコンピューターオタクが世界で最も裕福な人間の一人になったというわけではなく、彼は自分と同じように絶対的なエリートのために働く慈善家の家庭の出身だった。ゲイツマイクロソフトの創業者であり、ゲイツ財団はブラックロック、バンガード、ステート・ストリート、バークシャー・ハサウェイに次ぐマイクロソフト筆頭株主であり、彼はしばらく取締役まで務めていた。

 

「MONOPOLY - 世界は誰のもの?」のまとめ③につづく。